読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/6/4 京都ラン

6月4日~5日に京都に往路:自転車、復路:新幹線(輪行)で行ってきました。

夏に埼玉まで自転車で帰省する計画を立てておりまして、(1)150km/day走行(2)峠越え の練習として京都が手ごろだったというわけです。他にも京都周辺で色々と行ってみたいところもあったので!

 

装備はこんな感じ。輪行袋にサドルバッグ、それと100均で見つけたいい感じの入れ物をサドルの下に付けて容量確保。これが後半になって固定が甘くなったのかズレるズレる足に当たるうざったい!しっかり固定しないとダメですね。

f:id:pianishimo22:20160610144350j:plain

 

6:25

出発。いざ上洛!

 

 

7:21

名古屋市中川区、三日月橋

名古屋市、デカいです。出発から1時間近く経ってるのになかなか名古屋市を抜けられません。

この辺りは濃尾平野から伊勢湾に注ぐ川が何本も集まってきていて、海抜の低さを感じます。・・・やや単調で飽きる。

f:id:pianishimo22:20160610144540j:plain

三日月橋の親柱がかわいい。

 

7:36

f:id:pianishimo22:20160610144549j:plain三日月橋を過ぎて少しすると蟹江町に入る。やっと名古屋市脱出!脳内BGMは「あいうら」OPの「カニ Do-Luck!」。あいうらの二期はまだですかね……

 

 

8:19

f:id:pianishimo22:20160610144607j:plain

f:id:pianishimo22:20160610144612j:plain

木曽川を渡って三重県に突入。県境の看板が小さくてあれっ?と思ったら三重県側にちゃんとありました。よかった。

そしてまた四日市市がデカい。市町村が変わると気分一転で走れるのですが、いつまでたっても同じ市だと心が折れるのでやめてほしい。国道25号と合流するとローカル国道っぽい雰囲気から一気に幹線な風景に。横をビュンビュン大型が走り抜けていくのはちょっと怖いです。

じわりじわりとアップダウンが増えてくるけれど、鈴鹿峠が控えているので頑張らずにゆっくり越えます。

 

10:08

f:id:pianishimo22:20160610144624j:plain

鈴鹿市突入です。ここらへんで地図を見てて初めて気付いたのですが、鈴鹿峠って鈴鹿市じゃなくて亀山市にあるんですね。

淡々と走って亀山市を通過、道の駅関宿でトイレ休憩と水分を補充。鈴鹿峠を目指します。

鈴鹿峠は途中、上下線が別になって、三重→滋賀の下り側の車道には歩道はありません。自転車の通行は禁止されてはいないですが、貧脚故にインナーローでノロノロよろよろ登ることは目に見えているので沓掛交差点で上り側の歩道に移動して登っていきます。

 

12:06

f:id:pianishimo22:20160610144639j:plain

足を着かずに登りきれそうではありましたが、写真を撮るため(という名目で)休憩。歩道はそれなりの広さがあるので走りやすいです。気をつけることと言ったら歩道を下ってくるチャリダーですかね(1人しか見ませんでしたが)

 

12:12

f:id:pianishimo22:20160610144724j:plain

f:id:pianishimo22:20160610144824j:plain

無事登頂!途中景色が綺麗な所があったのですが微妙に逆光だし登る途中だったので写真は撮らず。トンネルにも歩道はあります(恐らく下り線側は無い)。

トンネル前で補給のおにぎりを食べた後、トンネルを抜けてしばらく走り、左手に建物が見えた辺りで上り側をアンダーパスする歩行者用トンネルらしきものを通って下り線側に復帰します。草ぼうぼうで本当にあっているかどうか不安になります。ヘビイチゴがなっていたので十数年振りに食べてみようかと思ったけれどお腹を崩したら嫌なのでやめておく。

噂には聞いていたのですが、この鈴鹿峠は昔から三重県側が難所なようで、滋賀県側の勾配はそこまで酷く無いです。なんだか損した気分!

下り基調でスピードに乗りつつ道の駅あいの土山へ。

 

12:45

f:id:pianishimo22:20160610144842j:plain

750円だったかな?おいしゅうございました。思った以上にボリュームがあってややくるしい・・・峠でおにぎり食べなきゃよかったな・・・

土山はお茶が有名なようで、セルフのお茶がおいしい。長めに休憩をとりお腹をこなしてから出発。

で、滋賀県に入ってから道が分かりづらいのなんの!標識見落としがないとすると基本的に自転車は道なりに進めば問題ないのですが、「これ、どうみても自転車が走ること考えてないだろ」的な道に迷い込んだり(水口道路)*1、路側帯が無くて恐かったり(瀬田川大橋)*2、色々アレです。ガチツーリングではないので適宜旧道に移ったりなど・・・地図の確認で割と時間を喰います。

そしてまた滋賀県がデカい。琵琶湖が滋賀県の面積の1/6程度なのは知っていたのですが、正直「ホントかよ?ww」みたいに思っていた部分はありました・・・が、走って分かりました。滋賀って陸がいっぱいあるんですね! 

草津のあたりでようやく青看に京都の文字が出てきてホッとするのもつかの間、急に山になったなぁと思ったらこれが世にいう逢坂の関ですか!

「これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関」ですね!

京津線との並走で詰まり具合がすごくて見ていて楽しい。

 

16:42

f:id:pianishimo22:20160610145127j:plain

山科を通過して東山を越える。肝心の越えるところで歩道が消え、自転車はどこを走ればいいのかイマイチよく分からなくなりました(おそらく車道で問題ないですが狭い上にビュンビュン飛ばしまくっているので)。何とか安全そうなルートを見つけるとこの雰囲気のあるトンネル。明かりが付いているので怖くはないですが。これを抜けるといよいよ京都!やったぜ。

坂を下ると東大路通五条通りに合流して烏丸五条を左折。しばらく行くと・・・

 

17:03

f:id:pianishimo22:20160610145144j:plain

京都到着!疲れた!

 

ひとまずお風呂に行ってから京都に来た目的へ

f:id:pianishimo22:20160610145245j:plain

これが見たかった!(cf:陽綾)

(街中に掲げられている住所の看板なので掲載に問題ないかと思いますが問題あったら消します)

f:id:pianishimo22:20160610145307j:plain

あと京都市営地下鉄の駅に貼ってあったポスターがかわいい。

 

今日はネットカフェで夜を明かします。このネットカフェで読もう読もうと思っていた咲日和を読んだのですがかわいいですね。

f:id:pianishimo22:20160610145317j:plain

 

そして翌日、この日は観光しかしていないので特に書くことはありません。

f:id:pianishimo22:20160610145328j:plain

f:id:pianishimo22:20160610145338j:plain

f:id:pianishimo22:20160610145350j:plain

f:id:pianishimo22:20160610145417j:plain

f:id:pianishimo22:20160610145437j:plain

f:id:pianishimo22:20160610145446j:plain

f:id:pianishimo22:20160610145454j:plain

 

f:id:pianishimo22:20160610145506j:plain

新幹線輪行で帰宅。

 

走行距離は150.2kmでした。

夏は埼玉まで自走のつもりなので練習にはなった・・・かな?

 

 

*1:

f:id:pianishimo22:20160620195828p:plain

*2:

f:id:pianishimo22:20160620195834p:plain