果たして私は、いつまで情熱を持って生きられるのだろう

みなさん、情熱を持って生きていますか?

 

別に何も、将来○○をやりたい!とかそういう情熱じゃなくてもいいんです。「○○っていうマンガが面白すぎるので完結するまで死ねない!」とか、「どこどこに旅行に行きたい!そのために節約してます!」とか、そんな程度の情熱でいいんです。そんな情熱があなたにはありますか?そして来年のあなたは同じ情熱を抱いたままでいられますか?

私にも大なり小なり情熱があります。たとえば「日常系のマンガを読んでるだけで幸せ。次も読みたい」とか、「化学とかいう学問に理由はよく分からないけど取りつかれてるのでなんとか化学で名を立てて化学で食っていきたい」とかそんな情熱があるにはあるのです。

そんな情熱…あるいは夢というべきか、それは人の人たる原動力に他ならないと私は思うのです。情熱の大部分は本来生きるのに必要のないものです。ただ生物として生き残るのなら旅行に行くことも、マンガやアニメを見ることも、仕事をすることも、(現代社会で生き残るために必要かどうかは別にして)必要ないはずです。

 

そんな情熱をいつか失う日が来るのではないか、それが怖くて怖くてたまらないのです。

 

あなたにもきっと経験があると思います。当時はあんなにハマっていたのに今ではまるで琴線に触れない。そんなものがたいていの人にはひとつやふたつはあるのではないでしょうか。その多くがきっと、何か別の情熱に代替されて自然と失ったものであると思いますが、時には別のものに代替されることなく消えてしまう情熱というものもあるはずです。もしもこの身に宿る情熱が全て移り変わることなく消えてしまったら…そんな未来が来るのではないかと考えるのは決して不自然ではないのではないでしょうか。

いや、情熱が消えることが怖いのももちろんですが、それ以上に今の自分が失われるのが怖いのです。日常系のマンガが好きな自分が失われたとして…いま家の中にあるマンガ300冊余りは一体なんだったのでしょうか?それで得た幸福、歓喜、感嘆…その全てが失われるのが、自らの手で(それも惜しむことなく!)失うのが怖いのです。その全てを忘却の彼方に押しやって、マンガを古本屋に売りに行く、未来に存在しうるかもしれない自分自身に底知れぬ恐怖を感じるのです。

 

「青春とは無意味である」と、(私が勝手に)昔から言います。部活動も、放課後の教室での駄弁りも、極論すれば無意味なものです。大人と子供の境界線で、自由と不自由の狭間で、自分自身の情熱に向かって若い力その全てを擲つ、それこそが青春だと(私が勝手に)言います。その青春を捨て去るその日が来ることが、たまらなく怖いのです。

 

自転車旅に関する極めて個人的な感想

わたしは旅行が好きです。その中で特に、一人で旅をするのが好きです。自分を見つめるとかそういう意識高そうな理由から一人が好きなのではなくて、もともと内向きな性格(ぼっち気質)が災いして、人に気を遣わせるのも人に気を遣うのも好きではないせいです。実際に相手が私に気を遣っていないとしても、気になってしまう私がいるのでどうにも気疲れしてしまう、そういう雰囲気が嫌いなのです。なので本当に気心のしれた相手となら何人旅行でも構わないですけど(人付き合いの活性化エネルギーが高い)。

ところで、一人旅といって浮かんでくるのはバックパッカーであったり、自転車旅行であったりするのではないでしょうか。なんとなくそういったものには私も憧れがあって、今年の夏に自転車旅行の聖地ともいえる北海道に行ってきたのですが、そこで理想との違いに直面しました。

なんというか、(特に?)夏の北海道の自転車旅行って全然孤独じゃないんですよね。最初に走った場所があんまり郊外ではない苫小牧~室蘭だったのも悪かったのかもしれないですが、道であったりキャンプ場であったり、そういうところに結構同じ旅人がいるんですよね。走行中はまあまあ孤独なんですけど。

そもそも一人旅が好きな人には多分二種類がいて、おそらくメジャーな「日頃の関係の外にいる人との交流を楽しむタイプ」と、わたしみたいな「人間関係から解き放たれて知らない世界に行くのが好きなタイプ」とがいると思います。どちらがいいとかそういう話ではなく、別段前者のタイプに対して抱く感情はないのですが、自転車旅行をするような人はほとんどが前者のタイプなんですよね(単に前者しか見えていないだけかもしれないですが)。キャンプ場みたいな狭い空間で二つのタイプの人が同居すると、後者はただただ肩身の狭い思いをするだけになってしまいます。断じて前者はもっと後者に気遣え!みたいな話ではないですよ。

後者みたいなタイプの人が孤独に旅行したいのなら、バスや鉄道のような公共性の高い移動機関を使って、ビジネスホテルやネットカフェみたいな事務的な宿泊施設に泊まる、これこそが最も孤独で(幸福な)旅行となるわけです。

これから私が自転車旅をすることはないでしょう。自転車自体は好きだし、漕ぐのも軽いし、各種パーツの調整や交換もちょっとした機械いじりみたいで楽しいですしこれからも通学のお供として付き合うとは思いますが、話しかけられたくないので遠乗りすることはないと思います。雑踏に紛れて、孤独に、ここではないどこかへ向かうのに気を遣う必要はないのではないかと、気が付いてしまったのです。

ところで一応フォローしておきますけど、夏の北海道は普通にいくなら涼しいし食べ物はおいしいしウイスキーもおいしいし最高なのでみんな行きましょう。来年もいけたらいいですね。

 

時間のみが解決できる問題への焦燥

なにもすることがないのでキーボードに向かっています。

いや、何もすることが無いというのは嘘です。実験のレポートやらTOEICやらとやることはあるのです。なぜそれをしないかというと、時間しか解決してくれない懸念の、なんともいいがたい重圧に押しつぶされそうだからなのです。私の場合は翌年3月に迫る研究室配属がそれなのですが、あるいは、同様なことは合格発表、人間関係、ソーシャルサービスのメンテナンス待ち時間…いろいろなことに言えるでしょうか。

時間に対して人は無力です。いや、人に限らず物質、空間、この世界の全てが、少なくとも今は、一方に向かってとどまることなく怒涛に流れ流れゆく時間の上に揺蕩うことしかできないのではないでしょうか。

眠れない午前3時、ふと気まぐれに時間とは何かと思案したことがあります。どこかで読んだ話ですが、何か物体が移動するのを観測することで、時間の存在を認知することができたのなら、厳密になんの変化も起こらない空間に対して時間を定義することができるのか?のような話があるそうです。思い出して書いただけなのでこの話は全然本題に関係ないです。

ともかく、時間というのは絶え間なく一方向へとむかっていて、というよりは本当は現在のみが存在していて、観測が過去を生み出している…そう表現した方が正しいのかもしれないですが、確定的な未来というのは、少なくとも今現在は存在しないわけです。

足りないものを手に入れたくなるのが人間の性というか、安定的な、予測可能な未来を求める心は現在の自分を押しつぶす力をもっている恐ろしい存在です。現に自分はふわふわとした頭で吹奏楽曲を聴きながら(あまり更新されない)研究室のホームページを眺めるだけの存在になってしまうのです。恐ろしいねぇ(VB

久しぶり備忘録と旅行の反省

お久しぶりですね.私です.おーしみんです.

長文が書きたくなった時,ここぞというときに重い腰を上げ軽い「記事を書く」ページを立ち上げ思いを思い思いに綴るのです.最近のパソコンってサクサク動いてすごいですよね.実家の先代のパソコンは起動にめちゃめちゃ時間がかかっていた想い出があるのでWin10ってすげー!って感じです,ってこれは性能もそうですしOSの進化もあるんですかね?知らんけど.

 

このブログはちょくちょく備忘録として使っている・・・というか使っていたのですが,割とよく備忘録として書いたこと自体を忘れるのでこれを書く前に以前の記事を覗き見たら文章後半の失速度合いがすごくて削除したくなりました.こういうものを書いたことがある人はきっとわかってもらえると思うのですが,文章の後半ともなってくると書き始める前の煮えたぎる記述欲と神速のキーボード捌きは薄れ,Youtubeを観始めてから三時間が経過して当初の目的とは全然違う動画を惰性で見ているかのように,頭は別のことを考えはじめ,腰は悲鳴を上げ,夢は枯野を駆け巡り・・・いつしか机に水面を描き出すのです.

 

そんなことを書きに来たのではなく,夏の旅行の備忘録をつけにきたのです.性懲りもなく.しかしながらTwitterに書くのもなんだか違う気もするのでここに書くことにします.冬期休暇前のわたしがこれを思い出し見に来ることを願って.

 

ご存知の方もおられるかとは思いますが,8/14から8/20まで一週間かけて名古屋から大阪・広島・小倉・博多・鹿児島・宮崎・松山・高松など瀬戸内・九州をぐるっと周回する旅行に行っておりました.8/13は帰省の帰路だったので実質8日間列車を18きっぷで乗り継いで初めての大型貧乏旅行を完遂いたしました(ほんとは途中一日だけ18きっぷを使わなかったので連続ではないのですが).ということで薄れゆく記憶のなか完全に失われてしまう前に反省と感想をしたためたいと思います.あなたの18きっぷ旅の一助になれば・・・なるかなぁ・・・?

 

持ち物

基本的なのは書いても仕方ないのでよかったものを.

・水筒

文化レベルが上がります.ペットボトルと違って結露に気を使わなくてもいいのがいいです.どうしても旅行中は洗いが甘くなるので,匂いが強めなものとか,糖分があるものは避けた方がいいと思います.旅行中に桃の天然水みたいなのを入れて後悔しました(その後にいれた緑茶がピーチティーのようになりおいしくない.).

・帽子

百均の324円の登山家みたいな帽子です.ダサくてもどうせ知ってる人には会わんのでいいんです.旅の恥はなんとやら.直射日光にグサグサさされなくて済みます.目の疲れなんかも大分軽減してくれたりすると思います.多分.冬は無理に持ってかなくてもいいと思います.多分.

・シャンプー・リンス・ボディーソープ類

100均の6cm*4cm*2cmぐらいの容器にいれて持っていきました.貧乏旅行なのでお風呂は銭湯利用になりますが,たまに備え付けがなかったりします.せっかく400円かそこらで入浴しているのにシャンプー類を100円とかで買うのはバカらしいのであったほうがいいです.同様にタオルも.普通サイズのタオルでいいです.

アイマス

全泊ネカフェだったわけですが,アイマスクのおかげで割と寝られたのでそんなにしんどくはなかったです.イヤホンのみで鳴るアラームのアプリをセットして,目にはアイマスク・耳にはイヤホンで翌日4時までぐっない!貴重品はポッケにいれておくとか,鍵付きの小物入れにいれておくとか(快活クラブは神),バッグの中の方にしまい込んで扉とは反対側の奥に押し込んでおくとか.

 

<持っていけばよかった>

・薄手の長袖のはおるもの

夏だしええやろ,と思っていたらたまにめちゃめちゃ冷房が効いてる列車に出くわします(した).肥薩線吉松駅~隼人駅は寒かった・・・!

 

反省

・4日目,大隅半島一周

f:id:pianishimo22:20170906214133j:plain

この旅行最大のミス,佐多岬展望所が工事中で行けない」.これにつきます.調べとけよ!!!

まあでも工事中だったとしても行ったでしょう.そこは31歩ほど譲っていいとして,桜島も見たかったのに時間が足りない状況に陥ったのもダメでした.埋没鳥居見たかった・・・.そもそもレンタカー屋の営業時間が9時から18時なのもよくなかったです.霧島市じゃなく鹿屋市とかで借りてたらまだ余裕あったかな・・・.また自分の車がバイクか何かを持ったらリベンジに来ます.

 

・1日目,石山・膳所

f:id:pianishimo22:20170906215426j:plain

中恋の聖地巡礼で立ち寄ったのですが,初日ゆえの好奇心からか石山駅から無駄に近江大橋を渡って膳所本町駅に行く約8kmウォーキングをかましてしまったので,初日の午前にして非常に疲れ,京都・神戸をパスするハメになりました.おかげで琵琶湖の雄大さを知れたのでよかったといえばよかったのですが,無駄に歩くもんじゃないです.活力が死にます.

 

・二日目,広島 三日目,博多 他

こういう旅行の宿命といえばそうなのですが,到着が朝早すぎるとお店も何もやってないです.始発で移動開始して朝7時半に到着とかですね.がっつりと観光をしたいのなら早くとも朝9時以降に着くようにしないとなんにも出来ずにマックとかで時間をつぶすハメになったりします(しました).

逆にお城などは閉まるのが早いので思いついたときにはすでに閉まっていたりします(1敗)(姫路城).どうしても移動優先で旅程を組みがちになるので,本当に見たいところを何か所か決めておいてそこを決め打ちで乗り継ぎを立てるとよいのかも.

 

こんど行きたいところ

山陰,徳島・高知,紀伊,新潟,秋田・山形(そのうち),北海道(そのうち)

臼杵八幡浜のフェリーに乗って「フェリーいいな・・・」と思ったのでフェリーに乗りたい.

やっぱり太平洋フェリーの名古屋~仙台~苫小牧便(乗船時間40時間)でしょうか.

とはいえある計画のために貯金中なので春はともかく冬は長期の旅行はできなさそう.

あー!お金が空から降ってこないかなー!

梅雨の合間の晴れ間の白みがかった青空の色はtwitterのシンボルカラーに近いことに気が付いた7月の初旬の昼下がり

昼下がりとは言いますが昼上がりとは言いませんよね。あ、いや昼に仕事が終わるとかではなく。

 

--

先日、やっと運転免許を取ってきました!やったね☆(ゝω・)v

車校を卒業してから一か月でやっとです。いまそこのあなた「何回落ちたんだよバカ」とか思ったでしょ?・・・違うんです。まっとうな大学生に平日午前に暇なんてないっつーの!(偏見)

で先日、1限と2限だけの日にたまたま2限が休講になったので、出席確認のない1限を犠牲に平針に行ってきました。前日に細かいところまで詰めたおかげで試験は99点でパス。何をミスったんだろう・・・く゛や゛し゛い゛

ガルパン劇場版の武部殿を見習って免許写真では120%の実力を出そうと頑張ったのですがどう見ても目が死んでいる寝起きの大学生です本当にあ

 

--

今期のアニメもぼちぼち始まりましたね。ひとまず「NEW GAME!」「ラブライブ!サンシャイン」「この美術部には問題がある!」を見ています。

サンシャインは(こう言っては何ですが)偉大なる先輩の印象が強くあまり期待をしていなかったのですが、1,2話を見て印象が変わりました。たのしみ。

もともとμ'sも百合路線ではないですが、呪いのかかった装備である百合眼鏡をかけてしまったのでやや物足りない気持ちも心の片隅にはあり。ただ、三者三葉みたいな百合感の少ない作品でも女の子がかわいかったら見てしまいますが。

 

この美術部には問題がある!は「ヒロインの宇佐美ちゃんが帰宅部活動記録の花梨ちゃんに似ている」という帰宅部難民にしか起こり得ない理由で見始めたのですが、宇佐美ちゃんがただただひたすらにかわいい。細かい手の動きや仕草にも気合が入っていてとてもかわいい。

見る前はもっとラノベ的な話だと思っていたので見る予定はなかったのですが、本当に見てよかった。先ほど言った「百合感の少ない作品でも女の子がかわいかったら見てしまう」やつです。

 

これからどんどん熱くなっていきそうですが、かわいいを糧になんとか生きていかなくては・・・その前に期末のテストにボロボロにされそうですが・・・。

 

梅雨って梅雨の間は梅雨って感じしないけど梅雨の後になって初めて梅雨だったなって思うよね

情報の課題が終わらないおーしみんです。

情報の課題が終わらないのでここ最近の出来事だとか頭の中をさらけ出そうかなと。

 

三者三葉、良かったですね

春アニメで一番好きでした。ある意味では最近のきららっぽくないギャグ要素の多い作品ですが、うまく最近の日常系っぽくまとめていたように思います。しゅごい

もともと日常系アニメにはストーリーがない(あってないようなもの)なので最終回の展開は何かと賛否両論あったりする(ゆからはじまる作品とかきからはじまる作品とか)のですが、模範的最終回といった感じの素晴らしい最終回でした(今クールは某アニメの最終回で色々と話題になったのもあるのでしょうけれども)。原作買わなきゃ・・・(使命感)

 

・ドイツ語が面白い

春から大学に入ったわけですが、取っている講義の中でドイツ語が一番好きです。とはいえまだ助動詞とかなのではじめの方もいいところなのですが。

英語超苦手な私が同じ語学なドイツ語をなぜすんなり受け入れられているのかというと、たぶんドイツ語がすっごい英語と似てるからなんですよね。haveはhabenだし、MondayはMontagだし、comeはkommenだし。受験のせいで嫌々勉強した英語のおかげでドイツ語を気に入るとは・・・

気に入った勢いで独和辞書でも買おうと思ったんですが、すごい高い。4000円ぐらいザラにする。Ich möchte eine Geld...

 

車校を卒業しました

車校(愛知県近辺でしか車校って言わないんでしたっけ)を無事に卒業しました!が!まだ免許は持っていません。平日の午前なんて暇な私大生しか空いてないやろ・・・(偏見)ところで同級生で私立に行った人の時間割が往々にして余裕がある感じなのは何かこう・・・その・・・まあいいや

某掲示板なんかで見かけるような面白エピソードとかはなかったのですが、はじめての複数教習でペアになった女の子が右折先に二本道がある変則的な交差点で右折するときに道を間違えそうになり、教官からの指摘で慌てて進路を戻そうとした結果、交差点の真ん中で急ハンドル急ブレーキをしたときは死ぬかと思った。

ネットを見ていると車校の教官は基本的に高圧的だ~なんて書き込みもあったりしますが、私が通った車校は全くそんなことは無かったです。最近は車離れなんて聞きますし、車校も色々と変わってきているのでしょうかね。(私の通っていた車校の教本が日本でシェアトップだったり、業界の中でも割と中心っぽい雰囲気なので特別なのかもしれない)

 

・名古屋ミネラルショーに行ってきました

名古屋大学大学鉱物化石同好会(名古屋FM)というサークルに参加しておりまして、その活動の一環として名古屋ミネラルショーに参加してまいりました。

前々から鉱物は好きだったのですが、こういうミネラルショーに参加したのは初めてです。気になってはいたけど何となく手を出さずにいたジャンルってやつです。

なまじ高校で化学を色々やっていただけに見てパッと構成元素が推定できるような鉱物ばかり探してしまう性。菱マンガン鉱の桃色を見て「二価のマンガンの色だー!」ってなったり、マラカイトの緑色をみて「銅の色だー!」ってなったり、辰砂を見て「水銀だー!」ってなったり、ビスマス結晶をみて「ビスマスだー!」ってなったり(今挙げたものは購入した)。

 

クマゼミの声が聞こえる夏

なんだかんだで名古屋に引っ越したことはほとんど意識しないで過ごしていたのですが、聞こえてくるセミの声がアブラゼミではなくクマゼミなので一番引っ越したことを実感しました。音って体に染みついてるものなんですね・・・

そんな地元にも来週いったん帰郷するので、課題にまみれた来週も頑張って乗り切ろうと思います。それではこのあたりで。

ひとりぐらし!

どうも、無事に愛知県民になりましたおーしみんです。

 

埼玉から愛知ということで人生初引っ越しだったですが、これがまためんどくさいことめんどくさいこと・・・色々人生経験になったので(美化)、書き連ねていきたいと思います。

 

・荷詰めが面倒くさい

引っ越しでもってきたものというとマンガと服、それに細々としたものだけなのですが、それを段ボールに詰めるとなるとこれがかなり大変なこと・・・隙間に服をいれる形で詰めたところ、引っ越しの手伝いに同行してもらった親に「もっと開けるときのことを考えて詰めなさいよ」と苦言を呈された。いや、個人的にはこれで全然把握できるんだよ?把握できてるよ?

 

・ゴミ捨てが面倒くさい

で、その梱包を解くわけですが、その時に「あれ?こんなにゴミ出したら自分たちのゴミの処理だけで地球の平均気温が1度くらい上がるんじゃない?」ってくらいに恐ろしいほどゴミがでるわけです。袋に入らないし段ボールはかさばるし・・・

そして名古屋市、ゴミの分別の種類が多い!いや、全国的に見たらこれが平均ぐらいなのかもしれないですが、少なくとも埼玉の私が育った地域ではビニール類も燃えるゴミで袋の指定はなかったので、名古屋の「ビニールは資源ごみ」という区分をすごく億劫に感じてしまうのです。

 

・お風呂が面倒くさい

入りたくないとかそういうのではなくて、ただ単に新居のシステムの問題なのですが、温水蛇口と冷水蛇口を一緒にひねって温度を調整するタイプのシャワーなので慣れていないためつらいっていうだけです。はよ慣れろ・・・!

 

ということでではまた