プールサイド

塩素の匂い。肌を覆う水の膜は直ぐに消えてしまい、じりじりと光が身を焦がす。もう高校生なのだから、いくら夏のプールと言えども喜んだりはしない。ひんやりとした水の中は心地よいけれど、教師はゆったりと浸かっているのを良しとせずしきりに泳げ泳げと急かしてくるし、紫外線は確実に私の肌を蝕んでくる。別に美容に特段気を使っている訳ではないけれど、かといって無意味に身体を痛めるのも癪だ。本当に無意味なのはこの水泳の授業じゃない?この海無し県の都会とも田舎ともいえない微妙な立ち位置の、海はもちろん川でも泳げないこの街で、年に3回出来れば多い方の水泳の授業なんて。

片道を泳いで、プールから上がり、プールサイドを歩いて戻ってくる。習熟度別にレーンが別れていて、私はその真ん中、泳げない訳では無いが速くもない組のレーンにまた並ぶ。隣のレーンでも同じように順番待ちの列が出来ている。

「あれ、さやって泳ぐの得意だったの?」

ちょうど隣に来たので話しかけてみた。さやは私と同じ友達のグループに属しているけれど、直接話したことはあんまりない、いわゆる友達の友達というやつだ。ちょっと背が高めで、おっとり系で、意外とカラオケで恋愛ソング(女性ボーカルのバンドの)を歌う、そんな子だ。

「得意って訳じゃないけど、気持ちいいから。」

「暑いもんね、もうすっかり夏って感じ。でもそっちのレーンで頑張って泳いでたら逆に暑くない?」

「…ん、うん、そうかも?」

なんとなく歯切れの悪い感じ。私何かミスっちゃった?泳ぐのにネガティブな感情がダメだった?ぐるぐると悩む。さやの、こういうたまに掴み所がない感じがちょっとだけ苦手だったりもする。さやが悪い訳ではなく、私との相性の問題として。

とはいえ、さやってそんなに泳ぐの好きだったっけ?そんな素振り見せてたっけ?別にグループで海だとかプールだとかに行こうという話になったことは無い。まあ、さやはあんまり自分からは誘わないタイプだけど。そもそも泳ぐのが好きなら友達を誘ったりしないのかも。でもそもそも泳ぐことについてなんてさやの口から聞いたことはない。そういえばさやの出身は九州の南の方で、中学の時にこっちに越してきたって言ってたっけ。子供の頃は海で遊んでたりしてたのかも。九州かぁ、海も綺麗そうだなぁ。とか言って、全然山の方の出身だったりして。

「…さやって、九州のどこ出身だっけ?」

「鹿児島だけど…なんで?」

なんとなく色々考えちゃって、なんとなく口にしたけどその質問はあまりにも急で、

「あー…いや、なんとなく。どこだったかなーって。」

ごまかした。

「おばあちゃん家があっちにあって。夏休みは行く予定なんだけど、親はなんか忙しいみたいで一緒に行けるか分かんないんだよね。」

「へぇ」

2人同時に順番が回ってきた。プールに降りて、ゴーグルを付ける。照った身体を水が包む。

「さやのおばあちゃん家ってさ、山の方?海の方?」

さやがちらっとこっちを見る。両手を重ねて伸ばしながら、

「海!…そうだ!一緒に来る?」

そう言うと潜って壁を蹴って行ってしまった。慌てて追いかける。別に追いかける必要なんてないのに、なんだか置いて行かれてしまうような気がして、息もきちんと吸えないまま、壁を蹴る。もうあんなに離れてしまった。動揺する水面と煌めく無数の水泡と、その先にしなやかに躍動する身体を見た。さっきの質問には意味が無かったな。確かに海の子なんだ。見てみたいと思った、故郷の海に戯れるあの子を。返事をしようと、下手なバタ足に力が入る。差は開く、けれどもそれが余計に輝かしく見えた。もう水の冷たさなんて忘れてしまった。

院試勉強の覚え書き

勉強してて気付いた覚え書きです。

 

酸化還元電位と酸塩基反応

M(OH)_n + ne-  ->  M + nOH-

みたいな場合の電位。Pourbaix図など。

基本は

M^n+ + ne-  ->  M

で考える。

E = E' - RT/nF ln(1/[M^n+])

で、溶解度積を使って、

E = E' - RT/nF ln([OH-]^n/Ksp) = E' - RT/nF ln(Kw^n/Ksp) + RT/F ln [H+]

とすればよい。

 

 

・熱力学関数の全微分Maxwellの関係式

 

H = U + pV

A = U - TS

G = H - TS

と、

dU = -pdV + TdS

だけ覚えていれば良い。

 

dH = dU + d(pV) = dU + pdV + Vdp

なので、

dH = Vdp + TdS

が導ける。dA, dGも同じようにすれば良い。

 

Maxwellの関係式は、全微分の性質

df = adg + bdh

ならば、

(∂a/∂h)_g = (∂b/∂g)_h

を使えば導ける。

自己分析

社会生活に向いていない。中学から高校の頃にかけてうっすらと感じてはいたが、大学へと進学して一応成人を迎えてはっきりと分かってきた。私は社会生活に向いていない。

根源的に理想主義者である事が私の全てに影響している。自身の中に絶対の価値観という物差しがあって、それに背くものを殆ど本能的に拒絶してしまう。しかも困難な事に、その物差しというものが酷く曖昧で感覚的で、全く把握出来ない。

当然そんな物差しを持っているので交友が狭い。人間関係を拒絶しているわけでは決して無いし、むしろそれを欲している部分はあるが、自分から動けない。私は今まで「コミュニケーションの活性化エネルギーが高い」などと言っていたが、この理由にも理想主義が関わっていることに思い至った。価値観を傷付けられる事が何より怖い。そのために関わり合いに消極的になるし、自分から話を振れない。価値観の吐露が怖い。

それとは別に言外の感情を察する能力が弱いので、ともすると被害妄想気味になる。自己肯定感が低いので批判の種を自分に探してしまう。自分に対しても理想を求めてしまうので、自己肯定の機会が滅多に無い。自身の価値観を捻じ曲げてまで自己に価値を見出すのは、心臓に杭を突き立てるのと同義だ。

他者に価値観を傷付けられる事を恐れているので、天邪鬼になりがちだ。天邪鬼というのは正しくないのかもしれない、ただ自己の価値観に従っているだけなのかもしれない。

とはいえ自身の価値観を他者に求めることは決してしない。自分に物差しがあるのだから他者にそれがあるのは当然である。

実らない理想主義ほど録でないものは無い。

夢幻の中でしか生きられない。

2019/07/18

思えば、初めて所謂”深夜アニメ”を観たのは2011年の「日常」であったと思う。クラスメートに勧められて見始め、あのシュールギャグとそれを実現する精緻なアニメーション(思えばその精緻さ自体がシュールな雰囲気を醸し出していたとも言えよう)に一人夜中のベッドでワンセグの中の世界に魅了された。

 

当時はアニメを録画するというのもなんとなく気恥ずかしく、家の間取り上居間のテレビを深夜に使えなかったために、自室のベッドで壁にもたれ、窓に掲げてアンテナを伸ばし、弱い電波を拾ってワンセグを観るという方法でアニメを見ていた。今となってはワンセグガラケーも(当時はそんな風に呼ばれるとは思いもしていなかったが)時代の彼方へと追いやられ、00年代の象徴とも言うべき扱いとなってしまった。

 

アニメに対する気恥ずかしさというと、日常の少し前、けいおん!が流行していた時期はアニメにさして興味があるわけでもなく、ゴールデンタイムの音楽番組にたまに流れるアニソンに対してなんとなく居心地の悪さを感じていたくらいだが(これは今でも少しある)、その観念を打ち破る力が確かにあったのだと思う。掌の中の小さな窓には無限の世界が間違いなく広がっていた。

 

その後は日常系と百合にハマり、そのジャンルの作品を見るようになったのだが、その中でもひと際大きなインパクトだったのが響け!ユーフォニアムであった。ストーリーもさることながら、随所に差し込まれる光学的な演出技法、原作の魅力をさらに引き出すアニメーションの力に深く感心した。

 

後からも様々な作品を観た。らき☆すたけいおん!中二病でも恋がしたい!小林さんちのメイドラゴンたまこラブストーリー、どれもがまだ深く新鮮な感動として心に残っている。アニメを通じて、京都にも行ったし、滋賀や鹿児島にも旅行に行った。画面の中の世界が、逆に私の世界も大きく広げてくれた。

 

 

私にこの世界を教えてくれて本当にありがとう。そしてきっと、必ずや、また。

院試とアニメと百合と性別の話

B4にもなって夏にもなって院試勉強というものをやっているのですが、どうにも気分がのらないのでちょっと文章を書きます。気分転換です。

 

・院試勉強の話。

 

私の所の院試というのは科目が実質化学しかないので、八月末までひたすら化学をしなければいけないわけですが、やればやるほど「化学、無限では…?」という気分になってきました。もうね、有機化学無機化学も分析化学も量子化学も化学熱力学も分からないです。無限…!研究分野的に量子化学をちゃんと勉強しないとなという気持ちはあるものの、気持ちと能力はすぐには直結しないものでなんだかなぁという感じです。もっと必要に駆られたら勉強する気が起きるかな。院試という必要に駆られているんですけど。

それはそうと、実験から一旦離れてみると、もうちょっと効率的に出来たな…とか、そういうことに気が付くものですね。有機合成はともすれば単純作業になりがちな部分もありますけど、もうちょっと頭を回しながら実験を進めたいものです。なんというか環境の変化と初めての主体的な(主体的か?)実験で手一杯だった部分はあるので、院試後はもうちょっと俯瞰で見つめながら効率よくわしわし進めていきたいです。院試受かるかわっかんないけど!!!

 

 

ゾンビランドサガを6話まで見ました。

 

院試の話をしといて早々に院試勉強集中しろよって感じですけど、ゾンビランドサガを見ています。2018年の秋クールに放送されてかなり話題になっていましたが、天邪鬼を発揮して今の今まで見ていなかったのです。とあるきっかけでOPの「徒花ネクロマンサー」を聴き、あんまりにいい曲だったので本編も勉強のお供に見始めたのですが、おかげで勉強に集中できません。めっちゃめちゃ面白いです。それが私たちのサガだから!!

あらすじとしてはゾンビになった女の子たちがアイドルとして佐賀を盛り上げる、という感じなのですが、とくに純子ちゃんと愛ちゃんの話が上手く生前の設定を使っていて素直に感心しました。すごい。あとすごいかわいい。純愛…。

北九州(九州の北)もあまりちゃんと行けていないので聖地巡礼がてら行きたいです。

 

 

・百合の話

 

「百合は綺麗だからすき」みたいな話あるじゃないですか、あれが私死ぬほど嫌いなんですよね。いや死ぬほど嫌いというとちょっと言葉が強すぎるんですけどすごいもやもやするんですよね。

男女の恋愛は綺麗じゃないのか???!!!男性同士の恋愛が綺麗じゃないとでも?????身ぎれいな人たちにしか真の愛は芽生えないというの????!!!!綺麗じゃなかったら百合じゃないの????????????????!!!!!!!!!!!!えぇ!!!!!!!!!!!!????

いや、いいんですよ、別にもうそこまで行くと個々人のポリシーの問題になるのでこう口に出しはしません。苦笑いでその場をやり過ごしますよ。私も社会性というものを多分持っているはずなので。

ただ、ただ私がそう思われるのが嫌なだけなんです。もちろん綺麗な女の子が好きですし、顔の良い百合が好きですし、ゾンビランドサガの純愛ちゃんは顔がとてもいいです。かわいい。だからといって「綺麗だから百合が好き」ではないのです。おそらく大多数の人に分かりやすく言い換えるとすれば、「綺麗だから男女の恋愛が好き」と言えば違和感が伝わるでしょうか。意図的であろうと非意図的であろうと、そこに男女の恋愛以外の、あるいは話者の好みの外にある関係や行為への差別的意識を見出すのは不自然ではないはずです。

「綺麗な百合が好き」は人の趣味嗜好ですが、「綺麗だから百合が好き」とは言ってほしくないのです。真に(言外の意味を含めて)そう思っているのなら、そう言うことを否定はできませんが…。心の中で軽蔑はしますけどね。

私はNLもBLもGLも等しく尊いものだと思っていますが、その中でなぜ百合がすきなのかと聞かれると「百合だから」としか答えようがないです。そもそも好きなものってなんで好きなのかなんて説明できなくないですか?逆に(あなたがNLを好きだとして、)どうしてNLが好きなの?と聞かれて答えられます?

 

 

・性別の話

 

ちょっとあんまりここの話を本気で捉えないでほしいんですけど、というのは別に本気でこの話について悩んでいるとかそういう訳ではなくて、ただちょっと自分語りをしたくなっただけなんですけど、みなさん自分の性別を自信をもって「どっちだ」って言えますか?

身体的な特徴だったりあるいは嗜好だったりで私も多分こっちだろうなというのはありますが、いまいち確信しきれていないところはあります。確信している人は何をもって確信しているんでしょうか?性別もまたスペクトラムなんだろうなとか、そんな感じのことをふわふわと考えているそんな感じです。

感想雑記(ひとりぼっちの○○生活5話)

原作で既に読んだシーンでも、映像としてみるとまた違った印象を抱くものでやはり媒体の違いというのは大きいのだなと思ったのでちょっと感想を書きます。

 

・ひとりぼっちの○○生活 ~5話

 

5話は紛れもなくアル回で、大変すばらしい出来だったわけですが、かわいさという点の他にもアルの性格についての掘り下げが為された回でもありました。すなわち、残念な本性とそれを取り繕って”世界の副委員長”として振る舞う外向きの姿です。

ひとりぼっちの○○生活ではぼっち以外の主要メンバーの4人は特に、人間関係において外面と内面の違いを抱えています。不良だと思われているけれど友達想いで素直ななこ、美人で高嶺の花な存在と思われているけれど実は忍者に憧れているラキター、友達を作らない主義だけれど実は友達に憧れている(?)(ややネタバレ)佳子ちゃん、そして文武両道才色兼備な完璧(副)委員長であろうとするけれど本当は残念なアル、そんな各々が抱えている内面をぼっちの前ではさらけ出せるというのが本作のハイパー尊いポイントです。

真の自分をさらけ出せる間柄というのは友達(というより親友?)の本質的な部分で、これはやはり素直で純粋なぼっちだから為せる技で、”友達になる”ということをぼっちなりに考え続けているからこそ真の友達に辿り着いているのでしょう。尊い

 

 

やがて君になる7巻

ちょっとちょっと、そこの方、”やがて君になる7巻”読みました??

読んでない?

でもちょっと抑えきれそうにないのでネタバレしながら語っていいですか?

 

もう一言でいうともう、佐伯沙弥香~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!

って感じです。今巻の主人公は間違いなく沙弥香でした。

 

そして沙弥香と侑の対比がバリッバリに効いてます。

燈子に対して先に一歩踏み込んだ侑、先に踏み込まなかった(込めなかった)沙弥香、

踏み込んで後悔している侑、踏み込んで満足している沙弥香、

あなたが好きな私でずっといられるの?、あなたが好きな私になりたいと思う、

燈子に手を引かれて階段を降りた侑、燈子の手を引いて階段を登った沙弥香、

「『好き』ってなんだったんだろう」、「好きよ燈子」

 

ズルい。関係性オタクなので泣いちゃう。

 

そしてボートの上での会話、「変わりゆくあなたをずっと好きでいられるのか?」、やがて君になるのテーマといっても過言ではないでしょう。好きを知っている沙弥香が好きを知らない燈子に対して、燈子と侑の関係に対してアドバイスをする形になっているのだから残酷です。ただ沙弥香にしかできない役回りではあるわけで、はー………こう落としてくるんだ………と脱帽の限りです。

示された回答である、「あなたは私の好きなあなたでいてくれるだろうっていう  信頼の言葉  かな」はそのまま燈子の侑に対する期待へのアンチテーゼになっていて、すなわち、「侑は私の好きな侑で、”私を好きにならない”侑でいてくれるだろう」という呪いを解く鍵になっているわけです。この呪いは沙弥香の答えと一見矛盾しているようではありますが、実のところこれは侑にかけている呪い以上に、七海燈子自身にかけている呪いであって、「好きとは束縛する言葉」だから、「侑が私を好きにならないでいてくれるから、私は誰にもならなくていい」から、「侑が私を好きになったら、本当の意味での七海燈子にはなれないかもしれないから」好きを拒絶し続けたのですが、沙弥香は変わり行く燈子をそれでも好きだと、いや、信頼しているのだと告げられてやっと、変わりゆくあなたはそれでもあなただという答えに辿り着けたわけです。

正直自分でも何書いてるのか分かんなくなってきましたが、とにかく129pでも述べられている通り「沙弥香じゃなきゃわからなかった」のは間違いないわけで、ある意味では「私だけがあなたの特別でいられた」のです。